海の幸とやすらぎの宿 海月 kaigetsu
  お電話でのお問合せ 0599-26-2056  
 
インターネット予約
 
お客様の声 空室状況等お問合せ TOPへ
 
海月の歴史 料理・料金 客室 館内 観光案内 交通案内 通信販売 ENGLISH


料理・料金
海月のおもてなし
お料理・料金表
ご宿泊プラン
お子様ランチ
追加料理
自慢のお酒
海月の地元食材について
海月の地元食材について 〜海月で使用する地元の食材について紹介します〜

● たまご・・・南伊勢町潟iンセイ養鶏さん 「伊勢志摩こだわりたまご」
南伊勢町潟iンセイ養鶏さん 「伊勢志摩こだわりたまご」 「伊勢志摩こだわりたまご」は、飼料に 海藻・ミネラル・竹のエキス等を豊富に与え大切に育てた鶏のおいしいたまごです。海月で使われる地元の魚介と同じ水、同じ海藻で育っている鶏さんのたまごなので、相性ばっちりなのです。伊勢海老フライや鯛のフライの他、朝食の焼きたてベーコンエッグもおたのしみに♪

● お米・・・河岸八さん特別仕入れの伊賀米
伊賀牛でも有名な三重県伊賀上野。伊賀忍者も有名ですね。この地域は、三重県北勢にそびえる鈴鹿山麓の冷たい水が流れ込む盆地。その独特の気候とおいしいお水が育てるお米は、三重県イチ!!

● たまり醤油・お味噌・・・丸佐商店
代々、鳥羽の地でたまり醤油と赤味噌を作りつづけている丸佐さん。海月とも世代を超えてのおつきあい。昔から魚があがる港の近くにあります。だから、鳥羽の魚ととってもあう。真っ黒いたまりで、甘みがあり、ひややっこにもおいしいんです。

● お茶・・・神宮近くおはらい町入り口にある宇治園さん
伊勢茶をご存知でしょうか?山の恵みは海へと注ぐように、海の恵みは、また山の恵みへともどります。
そのひとつが海の霧(きり)。この海の霧と川の霧がお茶をおいしくする魔法なのです。

● 松阪牛のお肉・・・マイナスイオン電子肉の中一
松阪肉というだけでもおいしい上に、こちらのお肉は精肉段階でお肉の中の水分をマイナスイオン化するというスゴイこだわりのお肉屋さんなのです。お肉のコース料理で、お楽しみいただけます♪ご予約のみ。

● 時々のお野菜とお花・・・地元おばあちゃん・おじいちゃん、
  五桂池ふるさと村おばあちゃんの店、飯高「いいたかの店」
ちょっと山側へ足を伸ばせば、多気の五桂池ふるさと村の白菜。生シイタケは飯高で。いつもではないけれど、週に一度は地元のおじいちゃん、おばあちゃんが畑で作ったお野菜やお花を届けてくれます。海のまち鳥羽では、畑の肥料にも海藻が使われているんですよ。(^-^)/太陽をいっぱいに浴びた夏のお野菜、冷たい空気にしゃきっと伸びる冬のお野菜。そして、毎朝散歩する近所のおばちゃんたちは、散歩の途中で摘んだお花を海月玄関の花かごへ、そっと入れておいてくださっています。

● 伊勢海老・・・和具の仲買・大山さん
伊勢海老漁は、鳥羽市では9/16〜3/31、志摩市では10/1〜4/30。雨の日は獲らない、月夜は休漁など、大切に守られている伊勢海老です。海月では、魚屋さんではなく、和具の仲買・大山さんに直接、競で落としてもらうので、お客様にいろいろな伊勢海老料理を召し上がっていただけるのです。

● あわび、赤うに  海月おススメ!・・・海女さんと、あわびとなまこの
  専門問屋丸傳 海月すぐ近く!
最近はめっきり減ってしまいました。地元でアラメという海藻を食べて育ったあわびやうには、カジメで育ったのんよりおいしいです。だから海藻が大切。夏、海女さんが潜りひとつひとつ、ていねいに獲ります。春3月終わりごろ〜夏9/15まで。

● なまこ・・・海女さんと、あわびとなまこの専門問屋 丸傳 海月すぐ近く!
  (手作り煮貝のおみやげも!!)
海鼠と書いて、なまこ。でも、海底の土を耕す大切な役割をしています。冬の珍味。水も風も冷たい冬、鳥羽では海女さんが潜って獲る方法とながぁ〜いひっかけ棒と箱めがねで船上から獲る方法があります。生をぶつ切りで食べると、あわびみたい。さっと湯がくと、ふわっふわっ。。

● たこ・・・鳥羽湾
鳥羽湾のたこは、なぜおいしい??それは、とってもぜいたくなお食事をしているから。伊勢海老やあわびが大好物のたこにとって、鳥羽の海は楽園なのかも!(^-^)

● 魚・・・地元漁師さんと父、天然地魚専門のやまみさん
鳥羽であがった天然のお魚。鯛、がしら、めばる、ひらめ、たちうお、あずきます、あじ、さば、いなだ、すずき、黒鯛、石鯛、いしもち、まとう鯛、さわら、わらさ、かじき、かつお、はも、あなご、とらふぐ、さばふぐ、こうなご、かれい、くえ、めじな、ほんはぎ、うまづらはぎ、ほしざめ、えい、べら、ぶだい、さんじるし、うつぼ、おこぜ、よこわ・・・どれくらいご存知ですか?季節によって、いろんなお魚がおいしくなってきます。ときには私(女将)の父が釣ったお魚も登場!!

● ちりめんじゃこ・・・答志島
大海を旅して、伊勢湾に入ってきたちりめんじゃこ。伊勢湾内の栄養豊富な水で1週間過ごすと旨みと油がのってきます。市場で人気は、早朝にあがる真っ白いものですが、本当は昼からの漁であがる「赤腹」がおいしいんですよ。

● 牡蠣・・・浦村 山善さん
鳥羽の浦で養殖される牡蠣。牡蠣で有名な広島では2年かけて育つのですが、鳥羽では12〜3ヶ月で、同じ大きさに育ちます。それほど、栄養が豊富なので、2年もおいておくと、育ちすぎて寿命を向かえ死んでしまうのです。海月の仕入れる山善さんは浦村で民宿も営んでいます。牡蠣をひとつひとつ大きく元気に育てるために、ほかではされない間引きをして、栄養や酸素が充分にとどくように手間をかけてお世話してくださっています。無菌牡蠣。

● その他貝類・・・天然地魚専門のやまみさん
鳥羽であがるそのほかの貝類。さざえやほら貝、あかにし貝、平らぎ貝は網にかかってくることもあるし、海女さんが獲ることもあります。ひおぎ貝は静かな湾で育てられた地元産。

● 黒海苔・・・桃取産・菅島産、乾物屋の川勝さん
冷たい海で一番に春を知らせるのが、黒海苔。晩秋にすこしずつ伸びつづけ、12月には一番海苔が収穫されます。鳥羽で採れる黒海苔の中には内閣総理大臣賞を暦年受賞しているものもあるほど。大女将の手作りおにぎりでおたのしみください。朝食の味付け海苔も鳥羽産です。ラッコや海女さんの柄もかわいい☆

● あおさのり・・・乾物屋の川勝さん
三重県のあおさのりは全国の70%を占め、生産高第1位の海藻です。生のあおさは1月〜2月ごろ。香りがよく、海の春を感じさせてくれます。おみやげにぜひ♪

海月で、たくさんの伊勢志摩・三重県をおたのしみください。女将
ページのトップへ戻る

| 海月の歴史 | 私たちの紹介 | 料理・料金 | お子様ランチ | 追加料理 | 自慢のお酒 | 客室 | 館内 | 観光案内 | イベント情報 | 周辺のお得なお店 |
| 周辺のオススメ料理店 | 宿泊プラン | 海島遊民くらぶ | 春料理 | 夏料理 | 秋料理 | 冬料理 | 通年料理 | 旬のカレンダーとレシピ | 海月のおもてなし |
| 交通案内 | 通信販売 | ENGLISH | 女将KIKU日記 | ご予約 | 空室状況等お問合せ | お客様の声 | プライバシーポリシー | トップページ |
伊勢志摩国立公園・鳥羽 海の幸とやすらぎの宿 海月 〒517-0032 三重県鳥羽市鳥羽 1丁目10-52 TEL.0599-26-2056 FAX.0599-25-5539
Copyright(C)2008 Kaigetsu All Right Reserved.